痔はとっても身近な病気

日本人の約3人に1人は痔を持っているとも言われる身近な病気。
ちょっとしたきっかけで痔になるというのはよくありますし、自分では知らないうちに痔になっていることだってあるのです。
でも痔ってなかなか人には知られたくないものですよね・・
だから結構我慢してしまい、症状がひどくなってから病院に行く人も結構いるようです。症状がひどいと手術ということもありますから、早めに治療するのが大切です。ここでは痔について詳しくご紹介しています。早期発見・早期治療に役立ててください。

痔ってどんな病気なの?

痔は肛門周囲がおこる病気の総称のことです。これは何らかの要因で肛門周囲の血流が悪くなり、うっ血してしまうことが主な原因です。

どんな人に起こりやすい?

1.便秘になりやすい人
便秘になると硬い便となり、出す時に肛門部に負担がかかって切れ痔が起こしやすくなります。
2.下痢を起こしやすい人
下痢の場合は排便時に肛門を傷つけたり、くぼみに便が入り込み、細菌感染による痔を引き起こしやすくなります。
3.お酒を飲む人
意外に痔とお酒は関係しています。これはアルコールが血管を拡張し、炎症を引き起こしやすくなるからです。

種類別 痔の症状や治療方法

痔は肛門の病気の少々で、単独の病気ではありません。一般的に「痔」でよく見られるのは痔核(いぼ痔)、切れ痔(裂肛)、痔瘻の3つになります。

痔核(いぼ痔)
<どんな病気?>
痔の中でも男女ともに最も多いのが痔核で、通称「いぼ痔」といわれるものです。これは肛門を閉じるクッションのような部分がうっ血して大きくなったり、脱出するようになる状態です。痔核には直腸側の内痔核と肛門側の外痔核があります。
<症状は?>
内痔核の初期は出血だけで痛みは伴わないことが多いです。症状が進行すると痔核が脱出するようになります。外痔核の場合は排便に関係なく出血し、痛みを感じやすいです。
裂肛(切れ痔)
<どんな病気?>
主に硬い便が出る時に肛門が切れてしまう状態です。痔の中では痔核の次に多い病気といわれています。
<症状は?>
切れると強い痛みを感じ、排便後もジーンとした痛みを引き起こします。また切れた時に出血がおこることもあり、紙にちょっと付く程度からポタポタと落ちるぐらいの出血の時もあります。
痔瘻
<どんな病気?>
肛門に細菌が感染して起こる炎症から、肛門の周囲にうみがたまり、その後うみが排出されて直腸と肛門に交通のある管ができてしまう病気です。
<症状は?>
肛門周囲にうみがたまると38度以上の高熱が起こります。その時にお尻が赤くはれたり、寝られない程の激しい痛みもあらわれます。

検査で知っておきたいこと

Q 何科で受診するの?
痔の専門として診てもらえるところでは、肛門科、消化器外科、一般外科などになります。「肛門科」は名前から通いにくいという方は、消化器外科や一般外科を探しましょう。

Q どんな検査をするの?
問診、肛門を指で診察する触診・指診、肛門鏡検査、大腸内視鏡検査などがあり、状況によっては直腸肛門内圧検査やディフェコグラフィーを用いることもあります。

薬物療法について

TVを見ていると痔のCMをよく見ますね。でも市販薬はあくまで「一時的に症状を和らげるためのもの」ということを覚えておきましょう。
そして薬は基本的に医師の処方を受けるのが安心です。
あと痔は生活習慣病といわれるように、あくまで痔は生活改善による自然治癒力で治していくことが一番大切です。

痔の手術について

痔の治療というと「手術」をイメージする人もいらっしゃるかもしれませんが、基本的に手術をしないで治療する「保存療法」が多いです。
とはいえ、手術が必要な痔もあります。ここでは痔の手術のことや、手術法の内容について詳しくご紹介します。